セブン&アイ グループ ペットボトル回収システム 2015年度利用実績

2016.3.31

2012年、セブン&アイ ペットボトル リサイクル プロジェクトをスタートしてから4年。

ペットボトル自動回収機の導入店舗は、徐々に増えて3チェーン合計で269店になりました。

2015年の延べ利用人数は、1,176万人。全国の店舗でたくさんの方々にお使いいただいています。

ペットボトル資源の回収量は、年々増加し昨年は5,169t。

この量は、人口100万人都市の全住民が排出する量に匹敵します。例えば、仙台市、広島市。その量をわずか269店で回収していることになります。回収効率が高いことがわかりますね。

ボトルの輸送は物流センター便の戻り便を活用し、回収したボトルはリサイクルして、新たなペットボトルや食品容器の原料にしています。経済的で環境によいシステムづくり。消費者が積極的に参加するシステムづくり。今後もプロジェクトの皆で考え、行動を続けてまいります。