トムラ・ジャパンが経済産業大臣賞を受賞

トムラ・ジャパンは、『平成29年度リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰』にて経済産業大臣賞を受賞しました。

本表彰は、3R:発生抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再資源化(リサイクル)に取り組み、顕著な実績を挙げている個人やグループ(学校・事業所・地方公共団体等)へ与えられるものです。(3R推進協議会)

トムラ・ジャパンは、飲料容器自動回収機(RVM:Reverse Vending Machine)をスーパーなど小売店の店頭に設置し、飲料用ペットボトル容器を選別回収、内部で容量を小さくする処理を施し、国内資源循環へ繋げる効率的な資源回収システムを開発し取組んでまいりました。現在、国内に導入し稼働している自動回収機は、1,200台以上。2016年は国内ペットボトル年間販売量の約1.5パーセントの9,300トン(約3億本)を回収し、2008年の会社設立以来10億本を超えるペットボトル回収を行ってきた取り組みが評価されたものと存じます。

10月31日(火)にKKRホテル東京で開催された受賞式では、代表取締役社長のソニー・ソーダーバーグが 経済産業大臣政務官 大串正樹氏より、表彰を受けました。トムラ・ジャパンは、今回の受賞を励みに、尚一層、日本のペットボトル国内循環拡大へ貢献できるよう取り組んでまいりたいと存じます。日頃自動回収機をご愛用いただいている皆さま、永らくお世話になってきた皆さまに、改めてお礼を申し上げます。

 

受賞式の様子

512

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

517

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トムラ・ジャパンのペットボトルリサイクルルート

ルート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資源回収量の推移

グラフ

 

 

 

 

 

 

 

 

関連リンク
3R推進協議会『平成29年度リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰』結果発表
http://www.3r-suishinkyogikai.jp/commend/data/29_gaiyou/29hapyou.pdf