自治体事業

行政Top1

 

 

 

 

 

 

 

 

自治体向けリサイクルシステム

トムラ・ジャパンの提案する資源回収・リサイクルシステムは、「環境と経済の循環」に真剣に取り組む自治体に採用されています。行政事業は住民サービスの視点から行き届いたものであるに越したことはありませんが、一方で、納税者である住民は税金の適正で効率的な使い方を求めています。

日本では、家庭から排出されるペットボトルや飲料缶などの資源の回収は、主に地方自治体(市区町村)が行っていますが、増える回収量に比例して、業務量やコストが増大して自治体の財政を圧迫、改善策が求められています。「リサイクル貧乏」から自治体を救うパートナーでありたい。私たちの願いです。

リサイクルで最もコストがかかるのは、輸送のプロセスです。ペットボトルをはじめとする飲料容器はかさばるため、その輸送は「空気を運んでいる」ようなもの。トムラ・ジャパンの提案は、住民からの資源回収に自動回収機を使い、その場で容器の選別・分別・減容を行います。これで資源の輸送効率を劇的に上げてクルマの出動回数を減らすことができます。コスト削減と環境負荷の低減に一石二鳥。こんな提案、色々しています。

リサイクルの入口は、住民の資源排出です。私たちは、自治体の拠点回収としてスーパーマーケット等の店頭回収の活用を提案しています。住民にとって「便利」って何だろう。どうしたら、積極的に楽しくリサイクルに参加する行動をとってもらえるだろう。日々、真剣に考えています。自動回収機が子どもたちの環境教育の実践の場になっているシーンを見て嬉しくなります。

住民の行動によって、地域の資源回収・リサイクルを、経済的に環境に負荷をかけずに循環させるシステムを創る。こうした先進的な自治体の取り組みに、小売店などの事業者が協力するケースも広がってきています。トムラ・ジャパンは、新しい社会システムづくりをお手伝いしています。