Monthly Archives: July 2013

中部エリアのイトーヨーカドーにペットボトル店頭回収・リサイクルシステムを本格導入!

トムラ・ジャパン株式会社は、2013年7月27日から中部エリアのイトーヨーカドー店舗に新しいペットボトル店頭回収・リサイクルシステムの導入を始めます。
(1店舗は6月末に先行導入)

このシステムは、ペットボトルの店頭回収に自動回収機を使用。回収した資源を効率よく運び、国内でリサイクルする一貫したシステムです。昨年度から導入を始め、既にセブン&アイグループの関東エリア211店舗(うちイトーヨーカドー96店舗)※1 に導入しました。
資源回収には、トムラ社製のペットボトル自動回収機を使用。特徴として、ペットボトルを投入すると、電子マネーnanacoのポイントに交換することができるリサイクルポイント※2 が貯まる仕組みとなっています。消費者の皆さまに楽しみながらリサイクルに参加いただきます。

また、自動回収機に投入されたペットボトルは、機械の中で自動的に選別・圧縮され、体積が約3分の1になります。※3 店頭回収量が多い店舗の作業負担や保管スペースの軽減、店舗からリサイクル工場までの輸送の効率化に効果を発揮します。

今回、回収したペットボトル資源は、株式会社エフピコの岐阜県のリサイクル工場に運ばれ、再び食品トレーとして生まれ変わります。店頭回収からリサイクルまで、一貫した効率のよいシステム運用で、省資源化、CO2削減に貢献します。消費者が自分の排出した資源のゆくえを見届けられることは、信頼感を生み、更なる環境活動への協力の促進につながると確信します。今後も消費者にわかりやすいリサイクルの仕組みを目指していきます。

イトーヨーカドーのペットボトル自動回収機の設置店舗では、キャップの回収もしております。回収したキャップ資源は、国内でリサイクルを行い、一部はパナソニック社の製品の部品に生まれ変わります。
また、新たな試みとして、7月27日から導入する7店舗のうち2店舗※4 では古紙回収機をセットにして導入します。回収機に投入された新聞、雑誌などの古紙は、国内リサイクルルートを通じて再生紙などに生まれ変わります。

【備考】
※1: 2013年6月末現在
※2.: リサイクルポイントについて

ペットボトル1本につき、2リサイクルポイント付与します。

古紙1kgにつき、10リサイクルポイント付与します。

500リサイクルポイントためると、50nanacoポイントと交換できます。

※3: 他のエリアの一部では、破砕式の回収機を使用。減容率は8分の1。
※4: イトーヨーカドー安城店、イトーヨーカドー知多店

中部エリア導入店舗:
イトーヨーカドー柳津店(6/30より先行導入)
イトーヨーカドー安城店(7/27より運用開始)
イトーヨーカドー犬山店(7/27より運用開始)
イトーヨーカドー尾張旭店(7/27より運用開始)
イトーヨーカドー刈谷店(7/27より運用開始)
イトーヨーカドー知多店(7/27より運用開始)
イトーヨーカドー豊橋店(7/27より運用開始)
イトーヨーカドー浜松宮竹店(7/27より運用開始)

Consumer
Retailer
Government
Find a RVM